いちご南保育園では“生きることは食べる事"をテーマに食育活動を大切にしています。

植物栽培

幼児クラスを中心にきゅうり、ナス、トマト、ジャガイモ、こまつななどを園庭の畑やプランターで育てています。
普段何気なく食べている野菜がどのように育つのか?どの様に大きくなるのか?
という作物の成長に視点をおいたり、水をあげたり、雑草を抜いたりなど、
手をかけて育てられているという事をしてほしいと思っています。
時には天候や水のあげすぎ、あげ忘れなどで作物が上手く育たないこともあります。
ですが、それもまた大事な経験の一つして捉え、
作物を育てる大変さを伝えています。
education01

クッキング

季節に合わせて、七夕ゼリー、夏野菜ピザ、お月見団子、スイートポテト、クリスマスライスボール、恵方巻、味噌づくり、型抜きクッキーなどのクッキング活動を行っています。
特に夏野菜は自分たちが手塩にかけて育てた野菜を収穫し、調理までを行います。
普段は野菜が苦手な子も自分たちが作ったものは特別なようで、嬉しそうに食べる姿が見られました。
また、毎年冬には“味噌づくり”をしています。
煮大豆を一生懸命つぶし、冬の間寝かせたら、春に味噌おにぎりを作って食べます。
「おとうふもしょうゆもみそもみーんななかまなんだよ」とおうちに帰ってちょっと自慢げに話している子もいるようです。
身近な食材もどんな材料からどう作られているのか?という事を知るだけで
子どもたちの食への関心は深まります。
子どもたちの、なんで?を大切にしながら生きるために必要な“食”を伝えていきたいと考えています。
education