楽しい園生活を過ごすためには“健康”である事が大切です。
いちご南保育園では、お子さま一人一人の体調に気を配り保護者の方と連携を取りながら元気に遊ばせるように見守っています。

  • 平熱プラス1℃が目安です
  • 基本的には平熱プラス1℃発熱した場合、お迎えをお願いしています。
    また、37.5℃を目安にお電話でお子様の様子をご連絡させて頂いています。

  • 全身状態で判断します
  • 発熱だけではなく咳、鼻水、顔色、機嫌など体全身の様子を診て体調の判断をさせて頂いています。

  • ご家庭での様子をお聞かせください
  • 睡眠時間を引いたら、一日のほとんどの時間を園で過ごしている子どもたち。
    そんな子どもたちが元気に過ごすには、ご家庭での様子を教えて頂くことがとても大切です。
    「いつもより食欲がなかった」「少し鼻水がです」「公園にいって転んでしまった」「休みの間に嘔吐した」といった様子を教えて頂くことで、よりお子様の体調の変化に気が付くことができます。
    いちご南保育園では、登降園時や体調の変化が多い乳児は連絡帳を使いながら保護者の方と連携を図っています。

  • 伝染病にかかった場合は、治癒証明書が必要になります。
  • <治癒証明書が必要な病名>※医師からの治癒証明が必要です
    麻疹(はしか)、風疹(三日ばしか)、水痘(水ぼうそう)、流行性結膜炎、百日咳、流行性耳下腺炎(おたふくかぜ)、インフルエンザ、咽頭結膜熱(アテノウィルス・プール熱)

    <医師の登園許可を得て保護者印が必要な感染症>
    溶連菌感染症、マイコプラズマ肺炎、手足口病、伝染性紅斑(りんご病)、ウィルス性胃腸炎、ヘルパンギーナ、RSウィルス感染症、帯状疱疹、突発性発疹、ヘルペス性歯肉口炎、とびひ、頭ジラミ

  • お薬を飲ませる際は、“投薬依頼書”が必要です
  • 出来るだけ保育園での投薬は、お控えいただきますようお願いしています。
    薬によって一日3回の処方もあるかと思いますので、病院を受診し、医師の指示がある場合においては"投薬依頼書"を記入の上お預かり致します。