ばなな組(0歳児)・・8名

一人一人の成長にあわせ、生活リズムの確立や保育者との愛着関係を
確立していける保育を行っています。

発育の差が大きい0歳児クラスでは、個々のペースを大切にしながら、
食事と睡眠を軸に少しずつ園での生活リズムが作れるように援助しています。
また、身近な大人との信頼関係を築いていけるよう、1対1での触れ合いの時間を持てるように心がけています。

もも組(1歳児)・・18名

保育士との安定した関わりの中で自分でしたいという気持ちを大切にしています。

自我が芽生えてくる1歳児は子どもの“じぶんでやりたい”という思いを尊重しながら、生活に必要な身の回りの事に保育士と一緒に取り組んでいきます。
子どもたちが"じぶんでできた"という達成感を持てるように援助しています。

りんご組(2歳児)・・18名

生活に必要な基本的生活習慣を身に付けていけるような保育を行っています。

子どもの“じぶんでやりたい”という思いを尊重しながら、生活に必要な身の回りの事に保育士と一緒に取り組んでいきます。
また、一人遊びから少しずつ他児への興味が出てくる中で、一緒に遊ぶ楽しさや関わり方を経験できるように援助していきます。

めろん組(3歳児)・・19名

活動の幅を広げ"個から集団"を意識できるように配慮して保育を行っています。

友だちとの関わりを通して、一人での活動から集団で活動することの楽しさを感じられるような活動を行っています。
また、生活に必要な基本的生活習慣の確立が出来るように援助しています。

みかん組(4歳児)・・19名

生活の中で、社会性を身に付けていくことが出来るように、生活環境や関わり方に配慮して保育を行っていきます。

保育士や他児との関わりを通して、自分の思いを伝えたり、相手を思いやる
気持ちを育てていきます。そして一つの目標に向かいみんなで力を合わせて活動する中で、達成感や充実感が味わえるような取り組みを行っていきます。

ぶどう組(5歳児)・・19名

小学生に向けて、『生きる力』の基礎を育む保育を行っていきます。

友だちと協力し合いながら生活し、互いを認め合ったり、ルールを意識しながら過ごせるように取り組んでいます。
また、色々な事に挑戦する経験を重ねることで、頑張る力や達成感を感じられる活動を行っています。
年間を通じて社会生活における必要な態度を身に付け一人一人が自信を持って小学校に進級できる準備をしています。